2018年口頭発表予定×2

久しぶりのブログ更新です。2018年の口頭発表のお知らせです。

1件目:
外国語教育メディア学会(LET)第91回中部支部研究大会にて、シンポジウム「これからのプロジェクト型学習:主体的・対話的な深い学びを目指して」に登壇させていただくことになりました。

「プロジェクト型学習を充実させるために必要だと感じていること:これまでの実践の振り返りから」

というタイトルで、これまでの自身の研究を振り返りながら、プロジェクト学習について考えていることをシェアさせていただきます。何気にLETの研究大会での発表は初めてです。

2件目:
また、第48回中部地区英語教育学会静岡大会にて今年も研究法セミナーを担当させていただきます。

「私の実践研究の進め方」

と題して、私が普段取り組んでいる実践研究について率直にお話しさせていただきます。一つの事例として何かのお役に立てれば幸いです。また、今年は研究法セミナーのコーディネーターもさせていただきます。

今年はあと3件の口頭発表を予定しています。研究する時間を確保できるのはありがたいことです。

追記:1件増えました。お話ありがとうございます。

Read More

高専フォーラムに出ます

平成29年度全国高専フォーラムにて同僚の宮本友紀先生と

「高専の一般科目におけるブレンディッド・ラーニングに関する一考察」

というタイトルで発表します。今年からしばらくはICTを活用したブレンディッド・ラーニングの研究に取り組み、目の前の学生がより充実した学習が行えるような環境を構築していきたいと考えています。これまで研究してきたニーズ分析の方法論、実践研究の方法論を活かしながら進めていく予定です。本発表ではこれまでのブレンディッド・ラーニングに関する文献を整理し、高専におけるブレンディッド・ラーニング(LMSの活用例なども含めて)に関する情報交換ができればと思っています。

平成29年度全国高専フォーラム

追記:2017年8月21日(月)

展示用ポスターを公開しました。こちらからダウンロードできます。

Read More

研究法セミナー2017

2016年6月24日、25日に行われる第47回中部地区英語教育学会で研究法セミナーをさせていただきます。今年は

「実証研究および実践研究の科学性」

というテーマで、広島大学の草薙邦広さんと合同で行わせていただきます。私は後者の実践研究担当です。「科学性」と難しい言葉を使いましたが、実践を研究したい人がどのようなスタンスで研究を始めればよいのかを中心に、具体例を多く交えながら端的にお話させていただければと思います。

このセミナーを担当させていただいて今年で4年目になります。研究法はそう毎年変わるものではないですが(毎年変わったら大変!)毎回バリエーションをつけながら、そして新しい事例も取り入れながら発表させていただくことを心がけています。皆様どうぞお越しくださいませ。

第47回中部地区英語教育学会ウェブサイト

これまでに発表させていただいたものは、こちらにまとめてあります。よろしければどうぞ。

6月25日追記
発表資料を公開しました。こちらからダウンロードできます。

Read More