QuizletとMoodleを統合する:Quizletで作成された問題をMoodleで小テストとして活用する

以前からちょくちょく活用していたMoodleですが、いかんせん問題の入力が面倒でした。Giftフォーマットを用いて問題バンクに一気にインポートするという技もありますが、そもそもGiftフォーマットを作成するのが面倒ということもあり、問題作成からは遠ざかっていました。

また、最近ではQuizletという英単語学習において非常に充実したサイトがあることを知り、こちらをうまく活用しながらMoodleでも同様の課題をさせたいと思うようになりました(Moodleは学習の管理ができるということもあって)。QuizletとMoodleをうまく統合する方法を考えていました。そこで、今回はQuizletで作成した問題をMoodleの小テストでも活用するという方法を紹介します。Quizletでしっかりと練習をさせ、自前のMoodleで小テストをするということが可能になります。参考にした資料はこちら

(さらに…)

Read More

Wordで指定した行数にならない問題

タイトル通り、某論文執筆時にwordで行数を指定しているのにその通りにならない問題が起きました(Office 2016 for Mac)。で、ネットで調べたら以下のサイトを参照しました。

http://office-qa.com/Word/wd57.htm

僕の場合は、「行数が合わない編」の「原因2:行間が1行ではない」の通りに設定したら解決しました。Wordの設定、中々めんどくさい奥が深いです。

Read More

仕事で使っているツール10選 2016春

あまりブログを放置しておくのも何なのでたまには更新を。 僕が好きなこの記事にならって、最近仕事で使っているツールについて。

Mendeley

以前は文献管理に悩んでいたのですが、今は、Box.comのフォルダに論文を全部入れてMendeley上で管理しています。Boxのフォルダに論文を入れる→Mendeley上で書誌情報を整理する→リネーム(著者雑_年代_誌名となるように)の順番で整理しています。

ロディア No. 16

主にアイデア出し、仕事のToDoの書き出しに使用しています。サイズはA5で、ニーモシネのノートパッドホルダーと合わせて使用。最近は罫線が薄いこともあってホワイトがお気に入り。これがないと頭の中が混乱します。

RとR studio

統計解析とグラフ作成はほぼ全てRで行うようになりました。Rは図が綺麗。

CasualTranscriber

自分の研究では書き起こしが必須なので、CasualTranscriberはいわゆる神アプリです。キーボード上で再生、一時停止、◯秒戻しができる点が気に入っています。

Call recorder for Skype

最近はインタビューをお願いすることが増えたため、遠隔地とのやり取りの記録にはスカイプを使います。スカイプ立ち上げると自動で起動し、ボタン1つでの録画、録音が可能なので非常に便利です。もちろん録音するときは許可をとって行っています。ただし有料ですが。

Wunderlist

以前はiOS純正のリマインダーを使っていましたが、使い込んでくるとかなり動きが不安定になってきたので、ToDo管理はこちらに一元化しました。一つのToDoについてサブタスク、メモを記録できる点が便利です。仕事の業務ごと(例えば◯◯委員会だとか◯◯のプロジェクト)にリストを作成し、ToDoを管理しています。

MacDownエディタ+1writer

ツイッターで教えていただいたエディタ。マークダウン形式で入力できて軽いエディタなので重宝しています。特に読んだ文献のまとめについては、MacならMacDownエディタで、iOSなら1writerでまとめの作成→Evernoteへ保存という形が定着しています。

ジェットストリーム

ボールペンの方。ボールペンはジェットストリームで統一しました。ボールペンを使いきってポイが好きではなくて替芯を溜め込んでいます。なんとなくラバーボディのものを好んで使っています。

BOSE SoundLink Mini II

ちょっとお値段はしますが買って間違いないbluetoothスピーカー。授業中はこれとiPadでほぼすべての資料の持ち歩きが完了します。音も大人数のクラスでも十分すぎるくらい通ります。

Yubiquitous Text

iOS用のアプリ。授業中のリスニング指導に大活躍しています。「この文から聞かせたい」「この文だけ聞かせたい」といったことを細かく調整できるので重宝しています。

Read More