さようなら2016年。そして2017年へ。

明けましておめでとうございます。2017年になりました。今年もよろしくお願いいたします。

2016年は何と言っても『はじめての英語教育研究』を執筆、出版できたことが非常に大きな出来事となりました。きっかけは中部地区英語教育学会課題別研究プロジェクト「英語教育研究法の過去・現在・未来」に入れていただいたことでした。あの時声をかけていただかなかったら今の自分はありません。このプロジェクト、そしてこれまでに担当させていただいた「研究法セミナー」講師の経験をとおして、英語教育研究法の基本を勉強させていただくことができました。『はじめての』の執筆の際には、自分以外の先生から本当に忌憚のない意見をたくさんいただき、先輩研究者の文章執筆のイロハを身をもって体験することができました。そして、一冊の本を作るということがどれだけ大変なことなのかも身をもって知りました。大変よい勉強でした。

その他には全国英語教育学会、中部地区英語教育学会で口頭発表をさせていただきました。今年の頭には出版されるものがいくつかありますが、単著で書いたものはまだ出版が決まっていません。某所でリジェクトをもらってから色々な方のアドバイスを得て自分なりに納得できる形を模索しましたが、どうなることやら。結果を謙虚に待ちたいと思います。

お仕事の面では2年生の担任をさせていただいています。42名の個性的で将来性豊かな学生さんたちと一緒な時間を過ごせることは何にも代えがたい貴重なことです。正にこの仕事をしていたよかったと思う瞬間です。いわゆる「学校教員」ではなくなってしまいましたが、教員という仕事は正に自分の原点だなと時折実感します。2年生の担任は残り3ヶ月(実質2ヶ月)となりますが、全力で向き合っていきたいと思います。

プライベートな面ではたくさん読書したり、映画をたくさん見たりすることを目標としていました。しかしながらこちらはほとんど叶わず。こうした時間も含めて上手に時間の管理をしていくことが今年度の課題になりそうです。と、ここまで書いて昨年の振り返りを読んだら、昨年も全く同じことを書いていました。進歩していない証拠なので今年こそはきちんと管理したいと思います。

今年はもっと目標を絞り込んで、一つ一つの結果をきちんと出すように心がけていきたいです。自分の限界を自分で決めることがよいとは思いませんが、自分のキャパシティを超えて仕事をするとどれだけ結果がついていかないかも十分経験しました。今年は「ToDoリスト」に加えて「Not To Doリスト」も作って、自分の本当にしたいことにきちんと目標を定めて取り組んでいけたらと思います。

Read More

2015年振り返り

2015年もそろそろ終わろうとしています。最近では考えていることのメモをクラウドやモレスキンで管理しているため、あまりブログの投稿をすることがなくなってきましたが、今年を振り返るブログ記事をいくつか拝見したので、便乗して残しておこうと思います。

2015年は良い意味で本当に忙しい1年でした。研究面では、特に研究法関連でたくさんのお仕事をいただくことができました。まず、今年の最初には英語教育に記事を一本載せていただきました。この記事は現場の先生が行う質的研究法という名目で書かせていただきました。その後、中部地区英語教育学会和歌山大会での研究法セミナー、関西英語教育学会のKELESセミナー、中部地区英語教育学会三重支部の例会でのセミナーで実践研究法の入門編のお話をさせていただきました。これらのお仕事は全て周囲の先生方に声をかけていただいて実現したものです。改めて人とのつながりの重要性を感じました。

今年書いた論文はまだ世に出てはいませんが、査読がないものも含めて、既に出版が決まっているものが3つあります。自分にしては珍しく、3本とも共著で、うち1本はセカンド・オーサーにさせていただいています。残り2本はファースト・オーサーで執筆させていただきましたが、大変だったのは3本とも〆切が重なってしまったことです。おかげで、今年はひたすら論文を書く夏を過ごしました。あと審査中のものが1本と、現在共著で取り組んでいるものがありますので、それらをきっちりと終わらせることから来年のお仕事を考えていく必要がありそうです。

お仕事面では、今年は1年生の担任をさせていただいています。約8ヶ月も学生さんたちと一緒にいれば、よいことも大変だったこともありますが、ここまで全員が無事2015年を過ごすことができることに感謝しています。年が明けるとすぐに期末テストの話題にならざるを得ませんが、担任として最後まできちんとサポートして、全員で進級できるようにしたいと思います。

また、体調面でも色々な変化を感じた1年になりました。ここまで健康診断ではオールAが当たり前だと思っていましたが、少しずつ自分にも弱い部分があることを、残念ながら自覚することとなりました(といっても特に深刻な何かがあるわけではありませんが)。段々若くなくなってきたのでちょっと焦ってきましたが、自分なりに健康管理を本格的に意識し始めた年とも言えます。そのおかげか、今年の最初と比べると体型は少し変わった気がします。早くも維持できていない気もしますが。

課題として残ってしまったのは、読書や映画鑑賞の時間がとれなかったことです。読書については、趣味のものもお仕事関係のものも含めて積ん読を増やすこととなってしまったので、来年度は少し意識して読む時間を作りたいと思います。映画も同様で、見たいと思っていた映画のリストはほとんど減りませんでした。同僚とスターウォーズを見に行きましたが、そのときに映画館へ本当に久しぶりに足を踏み入れた気がしました。映画も読書も教養の1つとして、そして授業の肥やしとして、意識して見る時間を増やしていきたいと思います

そろそろ新しい環境にも慣れてきたので、来年度は色々なことを、腰を落ち着けて取り組みたいと思います。あまり手を広げず、今取り組んでいることを着実にワンランクレベルアップさせていくような年になるようにがんばりたいと思います。

Read More

a0002_001556_m

書き起こしに重宝するソフトCasual Transcriber

Casual TranscriberはCasual Concの作者である大阪大学の今尾先生が作成されたソフトウェアです。学習者の発話を分析したり会話分析をしたりする際には、まず学習者の発話を聞いて書き起こす作業をしなくてはなりません。書き起こしという作業は中々重労働で、研究をする際にかなりの労力を取られます。現在行っている研究でも書き起こし作業が必要でしたが、先日ちょうどよいタイミングでCasual Transcriberの存在を知ることができました。しかも作者自らのデモ付きで。

Casual Transcriberは書き起こしに特化したソフトウェアなので、書き起こしを助けてくれる機能がたくさんついています。僕はすべてを使いこなせているわけではないのですが(むしろ多分ほとんど使いこなせていないです)、以下にCasual Transcriberが書き起こしのためにとても便利な理由を3つ挙げたいと思います。

- すべてが一つのソフトで完結する
これまでパソコンで書き起こしをするときには、メディアプレーヤーで音声ファイルを流し、適度な箇所で止めて、別のテキストエディタを立ち上げて聞き取った内容を書き、またメディアプレーヤーに戻る、という作業を繰り返していました。または、メディアプレーヤーでなくiPodを使用することもありました。このような手法を用いると「聞いて書く」という作業以外にしなければならないことが多く、結果として余計な負担がかかってしまっていました。Casual Transcriberはメディアファイルの再生とテキストの打ち込みがこのソフトで完結しますからこういった心配がありません。

- キーボードだけで必要な動作ができる
また、上記のようなメディアプレーヤの再生停止⇔テキストファイルへの移動はすべてマウスを使っていました。そうすると上述のように、マウスからキーボードへ移動するという余計な動作が入ってしまいます。たかがそれだけのことと思われるかもしれませんが、こういった入力デバイスのスイッチは意外と集中力を散らしてしまい、書き起こしを辟易とさせる一つの原因となってしまいます。Casual Transcriberは再生、停止はもちろん、3秒戻る、5秒戻る、といった動作までキーボードだけで完結します。これがCasual Transcriberを使いやすいツールにしている一番の理由だと思います。

- かゆいところに手が届く設定がたくさんある
例えば、再生時に音声をパソコン上でのボリューム調整以上に大きな音でならすことができます(これは本当に重宝しています)。また、タイムスタンプを書くことも可能ですし、再生速度の調整もできます。こういった要素は書き起こしには不可欠なのでとても助かります。

Casual Transcriberは以下のサイトからダウンロードできます。Macにのみ対応しています。ソフトは無料で配布されています。

https://sites.google.com/site/casualconcj/yutiriti-puroguramu/casualtranscriber

Mac OSX10.9で最初に開こうとすると、セキュリティの関係で開けないことがあります。その際には、

[システム環境設定]→[セキュリティとプライバシー]→[ダウンロードしたアプリケーションの実行許可]を開くと対処することが出来ます。

Read More