「まとまった英文を書く指導」福井県英語懇話会冬季シンポジウムより

12月23日に福井県英語懇話会シンポジウムに参加してきました。今回は3名の先生方(中学校・高校・大学)が「まとまった英文を書く指導」についての実践を発表されました。大変刺激的で明日から(といってももう冬休みですが)でも使用できる指導法を提案され、勉強になりました。

中学校の先生からはまとまった英文を書く指導についての指導法をこれまでの実践からピックアップされて紹介していただきました。高校の先生からは各単元において要約を書かせるためにどのような指導を行ってきたか、大学の先生からはプロセスライティングを実際に行った手順や学習者の感想を報告していただきました。

先生方の発表を聞きながら自分なりに「学習者にまとまった英文を書いてもらうためにどのように指導できるか」を書いていきたいと思います。シンポジウムの段階ではmisunderstandしていた部分があるのですが、「まとまった英文」という時には、「ある程度のまとまった量がある」という量的な観点と「まとまりのある英文」という質的な部分の両方があることを最初に明記します。

「適切な」支援を行う
お題を与えていきなり「さあ書きなさい」では何を書いて良いか、どのように書いて良いか分かりません。「書く」という行為はあくまでも最終行為ですから、何を書くのか、どのように書くのかを適切に支援しないといけません。

英作文における「支援」というと、真っ先に思い浮かぶのは言語使用の正確さに焦点を当てた添削だと思います。いわゆるエラーコレクション(error correction: ER)ですね。ERが悪いとは 言いませんが、それ以外の支援が「まとまった英文を書く」ためには必要になるでしょう。

「まとまった英文を書く」という観点からは、言語形式面だけではなく、内容面(content)の部分を活性化させる支援と構成面(structure)の支援が必要だと思います。内容面に関してはマインドマップ、グループ・ディスカッション、教師主導のブレインストーミングなどがあると思います。構成面に関してはモデルを与えたり、パラグラフの構造を解説したり、フィードバックを与える(これは書いたあとになってしまうかもしれません)などの方法があります。いずれにせよ、内容面、構成面をきちんと学習者に準備させた上で「じゃあ書きましょう」ともっていかないと、力のある一部の学習者しかタスクを達成できないかもしれません。

ちなみの上記の添削については、ERだけではなく、ポジティブなコメントを添えることで学習者の自己効力感を刺激したり、内容面について「○○についても書き加えてみたら?」などというフィードバックを与えることも可能でしょう。添削については添削=ERではなく、幅広い支援ができることを常に覚えておく必要があると思います。

1つの英作文に誠実に向き合う
何回も書かせるということです。re-writingが重要だという意見はシンポジウム時にフロアの先生からも提案がありましたが全くもってその通りだと思います。通常まとまった英文を書く際に、量的にも質的にも満足できるものを一発で書くというのは相当の技術が必要とされます。

例えば僕は某学会でよく8ページの紀要を書いて投稿させていただいていますが、その際の8ページを一発で書き上げてそのまま投稿する、ということはまずありません。一度とにかく書いてみてあとはreviseの連続です。全国英語教育学会でOrtega先生もおっしゃっていましたが、reviseすることで論文が洗練されていきますし、reviseをどれだけ真剣に行ったかでその論文の質が変わっていくと思います。

教室内の英語教育とはちょっとずれてしまった例かもしれませんが、同じことは言えるのではないでしょうか。特に中学校や高校では授業の進度や教員の仕事量を考えると、同じ英作文を何回も書かせて指導するということは実践性という面においては難しいかもしれません。それでも教員も学習者も根気良く一つの英作文に向き合うことで量的にも質的にもまとまった英作文に近づけると思います。この考え方は大学の先生からの報告にもあったプロセスライティングの考え方と同じであると思います。

まとめ:基本的だけどやっぱり重要
上に挙げた支援というのは基本的なものであると同時にちょっとでも教えた経験がある先生だと当たり前のように知っている内容で、取り立てて書き出すものではないかもしれません。しかしながら、実際に授業で英作文を扱った時に上記の手法をすべて駆使して指導できる教師というのは稀であるように思いますし、僕もできていません(反省)。そういった意味では記事を読んでくださった方がもう一度自分の指導を振り返っていただけると幸いです。

余談ですが、個人的には英作文指導の研修をぜひALT対象に行って欲しいなと思います。彼らは英語に関しては一種のロール・モデルでありますし、ほとんどのALTの先生方は学習者の英作文にきちんと向き合ってくれています。ALT任せにしましょうと言っているのではなく、ALTとの分担作業がスムーズにできるためにも、研修を行ってそういったスキルを身につけてもらえるとありがたいですね。

LET中部大会@名古屋

11月30日、12月1日にかけて第80会LET中部大会に参加してきました。今回もたくさんの新しい先生方との出会い、先生方との交流、新しい知識の取得ができてとても充実していました。

今回はまず、前田啓朗先生と水本篤先生方達の統計や研究手法に関する講演、シンポジウムを目標に参加しました。発表者の方々は全員が統計のエキスパートで、かつものすごく分かりやすく説明してくださり、大変勉強になりました。分かりやすい説明というのは本当に分かっていないとできないもので、僕なんかが時折質問メールを送ってくださる学生さんたちに統計のお話をしようと思っていてもどうしても難しい言葉の羅列になってしまいがちです。中々理解してもらうのに苦労するのですが、今回の先生方のご発表は平易な言葉で話題を絞ってお話ししていただいたため、僕自身本当に勉強になりました。

帰りの電車の中、電車待ちの時間に復習を兼ねて紹介していただいた文献の一つを読んでみましたが、講演で聞いたお話のベースがあるおかげでかなりスムーズに頭にいれることができました。多分講演を聞かずに文献だけ読んでも、ピンとこなかったところも多かったでしょう。そういった意味では、論文を読むことは基本ですが、直接会ってお話を聞いて、チャンスがあれば質問させていただいたり、議論させていただいたりすることは本当に大切だなと思います。理解度が全然違うのでこれからもこの習慣は続けようと思います。

また、自由研究発表では、主に知り合いの大学院生の方々の研究発表を聞かせていただきました。内容がとても緻密で、まさに「研究」という、さすがD課程、またはD課程を目指す学生さんだと脱帽しました。彼らの発表はいわゆる「基礎研究」なので、今すぐ教育的に生かされる種の研究ではありません。しかし、「基礎研究」がどんどん蓄積され、収束されていくことで、新たな知見が生まれ、さらに研究が積み重なることで教育的な示唆をもつようになります。そういった意味で彼らは未来の英語教育に投資してくれていると考えることもできます。このような研究は僕のような立場の人間からはまず出てこないと思っているので、本当に尊敬します。

今回もたくさんの刺激をいただきました。また、いつもですが、他の研究者の方々、大学院生の方と比べると自分が如何に読めていないかを痛感します。身と心をしっかりと引き締めて一つ一つ着実にこなしていきたいと思います。

研究者がTwitterで語ればネットはもっと面白くなる

ここ数日研究論文を読んで疑問に思ったことをツイッターに投稿し、著名な方々からアドバイスをいただき、大変感謝しています。また、反対に若い大学院生が研究に関することをツイートし、そのツイートから議論をすることも多々あります。

僕の周りの知人、友人はFacebook, mixi等のSNSを頻繁に利用している方もいますが、ツイッターとなると意外使用者がにいないのが実情で、なぜかなと思っています。SNSというと、「今日何食べた」などの気軽な投稿がメインになり、それはそれで楽しいものですが、せっかく距離感を気にせずに人と「つながる」ことが出来るツールなのですから、カジュアルトークだけではもったいないなと感じています。

僕がツイッターでフォロー(登録)している人の流れを見ていると、

1)研究関連のツイートをする
2)ツイートを元に議論が行われる
3)議論されたツイートをまとめる

という一連の流れによってその場限りの議論で終わらずに、後からでも参考できるようになっています。ツイッターのまとめには主にtogetterというサイトを使って、@tam07pb915さんがメインとなってまとめを行ってくれています。まとめを見るだけでも論文を読むだけでは見えて来にくい著者の考えが分かるので大変勉強になります。

ツイッターの良いところはその道の第一人者、著名な方とも気軽につながることができることです。Facebookやmixiは登録するのに「申請」が必要で、基本的には自分と全くつながりがない人とは関係が出来にくいように思います。その点ツイッターは単にユーザーをフォロー(登録)するだけで相手方の了承は特に必要ありませんので、気軽につながることができます。

「ツイッターのまとめじゃなくてもブログや論文よめばいいじゃない」という声もあると思います。もちろん論文を読むことは研究の基本です。ブログも著者の考えをある程度まとまった量の文章で読むことが出来る、最新の情報を手に入れることが出来るという点で非常に重宝します。しかしツイッターの良いところは、双方向のやりとりがブログやSNSよりも気軽に出来る点です。したがって、togetterによってまとめられたサイトは一種の「対談本」のような形になり、その道の第一人者達がどのようなことを考えているのかを気軽に知ることが出来ます。時には関連した論文がリンク付きで紹介されることもあり、情報収集の手段としては非常に有効活用できるものになっていると思います。

ツイッターではもちろんカジュアルトークも多々見られますが、せっかく人と人とが気軽につながることができる場が提供されているのですから、大いに研究について語ってほしいなと考えています。特に若い方、大学生や大学院生の方々がどんどんツイートして議論が勃発すると面白いですね。もちろん研究のメインとしてツイッターを使うと言うことは現状あり得ないと思いますし、何でもかんでも「教えて」ではだめだとも思います。しかしながら、気軽なディスカッションを行う手段としてツイッターは非常に有効なツールだと思います。

みなさん、ツイッターでもっと語りましょう。そうすればネットはもっと面白くなると思います。